ちょっと一息。。。

作業の合間をみて、三重県立美術館へ行ってきました。

「川喜多半泥子のすべて展」
a0158646_19411680.jpg



どういう方かと言いますと、

川喜田 半泥子(かわきた はんでいし)
1878年11月6日 - 1963年10月26日
大阪府生まれ。

日本の陶芸家、実業家、政治家。「東の魯山人、西の半泥子」と称される。

15代続く伊勢の豪商の家に生まれで、裕福な家庭で育つが、
祖父や父は半泥子の生後まもなく他界した。
1歳で川喜田家16代当主となる。
母は実家に帰され、祖母の手によって育てられた。

三重県尋常中学(現・三重県立津高等学校)卒。

1903年に百五銀行の取締役に就任し、1919年に頭取となり、
1945年2月まで頭取を務めた。
1909年からは津市議会議員、1910年からは三重県議会議員を務めた。


陶芸は趣味で、当初は陶工に作らせていたものの納得が行かず、
50歳を過ぎてから自ら作陶するようになった。
主に抹茶茶碗を製作した。
作風は自由奔放でおおらかと評される。
陶芸のほかに、書や画もよくしたが、
あくまでも趣味としての立場を貫き、生涯に一作品も売ることはなく、
出来上がった作品は友人知人に分け与えた。


豊富な財力で、1930年に財団法人石水会館を設立し、文化事業を支援。
また、1942年「からひね会」をつくり全国の陶芸家と交流を持ち、
荒川豊蔵、金重陶陽、三輪休雪ら3人の人間国宝を支援した。

死後、石水会館は半泥子が生涯をすごした津市に石水博物館を設立し、
川喜田家に所蔵されていた半泥子の作品を公開している。



長々と書きましたが、半泥子さんは晩年に評価が高まったようです。
とにかく作品は自由でユーモア、遊び心があってとてもよかったです。
かつ、きっちり作る、考えて作るところは大変参考になりました。
よく陶芸だけではないですが、「その人が出る」ということを聞きますが、
半泥子さんがどんな人だったのか、本当に感じることが出来るものばかりでした。


開催は、7月25日(日)までなので興味のある方はお早めにどうぞーーー



そしてお昼ごはんは近くの中華料理屋さんへ。。。
a0158646_20151020.jpg


TVや情報誌なんかで取り上げられた、津ぎょうざというのがあるみたいです。
残念ながら今回はランチメニューで食べれませんでしたケド・・・
また機会があったら食べてみます~



ではでは。。。

by igakaeru | 2010-07-17 20:18 | チュン✡