打ち合わせ

先週は、陶芸体験のお客様が来房され、楽しく作陶されていきました。

年明けからも時間をみて、ちょこちょこ通っていただけるようです。(^O^)




で、今日は、たぶん今年最後?のnaomitu工房へのお客様ご訪問でした。

お客様は陶器屋(卸メインの)を営む方で、

来年2014年の4月末から5月GWにかけてのグループ展の主催者様です。

そのグループ店への出展のご依頼ということで、お越しくださいました。

お話していると、チュンも1ブースいただけそうで、ニャとそれぞれ出展する予定となりました。(感謝!)




会場は、三重県三重郡菰野町にある湯の山温泉にある旅館寿亭という

明治44年創業の老舗旅館です。

湯の山温泉の由緒ある老舗旅館として、皇族をはじめ文人貴人に愛されて来ました。

文豪志賀直哉の短編小説『菰野』に出てくる湯の山温泉の老舗旅館が寿亭です。

志賀直哉は、実際に湯の山温泉 の老舗旅館寿亭(松仙閣) に逗留して

短編小説『菰野』を執筆しました。



その旅館にある、文化庁登録有形文化財「水雲閣」で展示を行います。

今年3回目を終え、来年は第4回だそうです。

a0158646_0222981.jpg



昭和4年に建てられた別館「水雲閣」は、

国登録有形文化財(平成19年12月7日認定)にも指定された歴史と伝統を感じる由緒ある建物です。

棟梁・城山喜之助により当時の現代風建築法を随所に取り入れた間取りになっており、

滋賀の石山寺と同じ寸法でつくられた火灯窓をはじめ、百年を越す樹齢の樹木から切り出した梁や、

今では大変珍しいコルバーン方式の板ガラスなどが残っています。

a0158646_0231628.jpg



大きな窓からは雄大な御在所岳を臨み、そのロケーションとしつらえの良さから、

文人や、皇族の方々にもご宿泊いただいておりました。

現在は文化財保護のため、ご宿泊利用はお受けいたしかねますが、お客様のご要望により、

ご案内させていただいております。<寿亭HPより写真・文章お借りしました>





naomitu工房としては、本年はそろそろ仕事納めかな思っていますが、

5月といえば長谷園窯出し市もありますし、年明けからチョット気合入れて作らなければなりませんね。

と、その前に3月に作家市の出展予定があるので、かなり忙しくなりそうです(´Д` )

(こちら作家市は毎月開催らしいので、それも続けられたら良いかなと思ってます。。。)


今年も残りわずか、寒くなってきましたが体調には気をつけて

年明けから良いスタートが切れるようにして頑張りますっ!!
[PR]

by igakaeru | 2013-12-21 22:26 | チュン✡